紺色と藍色でできているワンピース

きちんとしたところにも着ていけるような、しっかりした印象を作れるもので、それでいていくらかは肩の力が抜けているもので、というようなワンピースがありましたよ。
そういう印象のものは、なかなか貴重だと思いますね。
色は全体的には紺色系の色です。上の部分と下の部分で色が少し違うものなんですよね。服の素材自体も違いますし。
トップスの部分が、てろんとした感じの素材の紺色でできていて、この部分は色が濃い紺色なので、印象としてはかなりまじめな印象を感じますね。
その下にスカートの部分があって、スカートの部分はトップスよりも薄い色合いの藍色になっているものなんですよ。
素材も違う感じで、バラの花の形がくり返し刺しゅうされたものになっています。

 

上と下で素材と色の違うものが一つに合わさってワンピースになっているんですね。

 

トップスのほうが色が濃い色なので、そこでまじめな印象を感じるものですね。スカートの部分は色がトップスに比べて薄くなっていて、またバラの花の刺しゅうの柄もなされているので、ちょっとくだけた印象を感じます。
そのように、一つのワンピースの中で、まじめな感覚とちょっとくだけた感覚の両方の要素が感じられという、なかなかない印象のワンピースなんですよ。